人生試行錯誤しながら断捨離に励んでいます・・・

旅行から帰ってきて決断したことは、やはり語学力を向上させること

旅行から帰ってきて数日たっていますが、ブログを更新していませんでした。

そろそろ再開したいです。

 

私の旅行記はこちらです。 

旅行記

 

旅行中、幸運にも現地の人と触れ合う機会も持つことが出来、貴重な体験が出来た旅でした。

まずは1か国目のポーランド、ワルシャワに向かう途中での飛行機の中で中国語を勉強するポーランド人の学生と知り合い、彼とはワルシャワの街を散歩して、夕飯を一緒に取りカフェでお茶をしました。

ポーランド2つ目の街、クラクフでは来る前からSkypeで旅行用のポーランド語を教えてくれたポーランド人のSさんに会って市内観光案内をしてもらいました。

そして2か国目のハンガリーでは語学交換サイトで知り合ったCさんに日本語教室に連れて行ってもらいました。

 

Sさんとは完全に日本語でしか会話をしなかったです。Cさんとは、英語と日本語を両方使って会話。ワルシャワで会った学生とは英語。

 

クラフクで訪れたアウシュビッツでは、日本語のガイドツアーがない日だったので、英語のガイドツアーに参加しました。見渡してもどこにも日本人らしき人はいなく、もちろん全て英語で、トイレ休憩になった時の集合時間や集合場所を聞き取る時も、聞き間違えていないか冷や冷やしていました。ガイドの説明は40%くらいしか理解できていないと思います。

アウシュビッツに行く予定がある人には絶対に日本語のガイドツアーで行くことをおすすめします。100%英語の説明が理解できるという方は良いかもしれませんが、やはりせっかくアウシュビッツという世界の忘れてはならない「負の遺産」に行くのですから、せっかく行くのなら100%説明を理解できた方がいいと思います。

 

旅行中からずっと決断していたこと、これからの目標、それはやはり語学力の向上です。

実は英語はあまり好きではなく、英語にあまり力を入れず、フランス語ばかり勉強していましたが、やはり英語が話せると世界はグッと広がるんだということに気付きました。気付くのが遅かったですが。

世界中の人と話すことが出来ます。帰りの飛行機を待っている間は、中国人の女性とお互いかたこと英語で話していました。とても楽しかったです。

 

今回、英語の勉強で力を入れるべきだなと感じたことは、聞き取る力です。自分が欲しいものや道の聞き方などは基本的な言い方を覚えれば相手に伝えることは出来ます。

でも相手が何を言っているのか理解できないと、そこで会話は止まってしまいます。

聞き取る力と、あともう一つは語彙力です。単語の意味を知らなければ、例え聞き取れてもその分からない単語の意味が重要語彙だった場合、意味が理解出来ず、話しがまた

止まってしまいます。そしてカタカナ英語で覚えてしまうと、その単語の意味は知っていても聞き取れない場合もあります。だから正しい発音での聞き取りはとても大事です。

 

私が旅行から帰ってきてからまだ1週間ですが、この1週間NHKの語学講座をたくさん聞いています。テキストも購入しました。

「ラジオ英会話」と「高校生から始める現代英語」の2冊です。

今までは「基礎英語3」と「ラジオ英会話」でしたが、少しステップアップしてみました。NHKの語学講座のホームページでは1週間前の番組を聞くことができるストリーミングがあるので、とても便利です。

 

自分で決めたルールは、

①毎日決まった時間に聞くこと。

②聞き流さないで番組に集中する。

③口に出して復唱する。

 

この3つを守るようにしています。自分の聞けるリアルタイムのラジオ番組があれば欠かさず聞くようにするのがいいと思います。時間が決まっているので続けやすいです。

 

私がポーランド人のSさんとハンガリー人のCさんと知り合ったサイトはこちらです。

Conversation Exchange - Language learning with native speakers

 インプットしたらアウトプットもすることが必要です。こちらのサイトは真面目に語学を学びたいと思っている人が多い印象で、語学交換パートナーを見つけるのに最適だと思います。

 

何でも継続することが大事です。これは語学に限らず言うことができます。

毎日の積み重ねが大事。その毎日の積み重ねが実力へと変わっていくのです。