人生試行錯誤しながら断捨離に励んでいます・・・

涙を溜め込まないでたくさん泣いて、心のデトックスしよう

毎日たくさん笑って過ごせたら幸せですよね。「毎日笑って生きよう。」

なんて、そんなこと言われたって、笑えない時だってありますよね。

人間だもの。毎日必死に生きてるんだもん。毎日笑って過ごすなんて無理。

 

友達、親、同僚、恋人とケンカした。恋人と別れた・・・。

 

泣きたい・・・。

 

そんな時は思いっきり泣きましょう。大人だけど、子供のように声を出して泣いてしまっていいのです。男泣きだっていい。思い切り泣いてしまえばいいのです。

小さい頃、「男の子なんだから、泣いちゃダメ。」なんて言われたかもしれないけど、

そんなこと気にしない。

泣くのって、すごく気持ちいいですよ。

泣くことを我慢しないで、思い切って涙を流してしまった方が、ストレスもたまらないし、よく泣く人の方が後に引きずらない人が多いです。

ただ、人前で泣くより、どこかの議員さんみたいにあそこまで泣くと、周りもちょっと引き気味で困ってしまうと思うので、あれくらい泣いてもいいとは思いますが、大人はひとりでこっそりと泣くことをおすすめします。もし、話しを聞いてもらいながら一緒に泣ける人がいればいいですけど、男の人は「人前で泣くなんて出来ない。」という人の方が多いのではないでしょうか。

 

涙を流して泣いた後は、副交感神経が優位になってリラックスできて、よく眠れます。

よく子供がたくさん泣いた後、ぐっすり泣き疲れて眠ってしまったりしますよね。

ああいう感じで、大人もぐっすり眠ることができます。

 

泣くことを我慢していると、その感情も心の内側に溜まって、ストレスになってしまうし、涙も、流さずに溜めていると涙腺が詰まってしまうのです。泣くことによってストレス発散になり、デトックスになるのです。

 

だからぜひぜひ、たくさん泣いてしまってください。