人生試行錯誤しながら断捨離に励んでいます・・・

夏バテ予防 第2弾 夏バテに効果的な夏の入浴方法 

もしかして、夏はシャワーですませていませんか?

 

そんな方は夏も、ぜひお風呂に入りましょう。

f:id:daozi:20170802102459j:plain

 

 

昨日もエアコンのお話しで少し触れたのですが、

暑い時に汗をかいたり、血管を広げたりして、熱を体の外に逃がそうと自律神経を働かせます。しかし、夏場は外は暑くて、室内はエアコンで涼しく中と外の気温差が激しくて自律神経が乱れてしまいます。

 

www.dao-mt-26.com

 

 

お湯につかることで、水圧が体全体にかかる「静水圧作用」が働き、体温が上がります。これによって血液やリンパの循環を良くしてくれ、日中に乱してしまった自律神経を正常にしてくれます。

お湯につかるだけで、リンパマッサージをしなくてもリンパの流れを良くしてくれるんですね。私は最近、ヨガ教室で教わったリンパマッサージを湯ぶねの中で行っています。

 

www.dao-mt-26.com

 

お風呂に入ることでリラックス効果が得られ、副交感神経が優位になり、良質な睡眠につながります。

体の汚れも、シャワーを浴びたり、スポンジでこすったりするよりも、お湯につかっているとじわじわと皮脂は浮き上がり、汚れは落ちていきます。

いわゆる「タモリ式入浴法」

体を石鹸やボディソープで洗わずに、湯船に10分以上つかるだけ。という入浴法です。私はもう1年以上、この入浴法をしています。ただ私の場合、1週間に1、2回程度と生理中は固形石鹸を泡立てて、デリケートゾーンは洗うようにしています。

こちらはデリケートゾーン専用のジャムウ石鹸です。この石鹸を愛用しています。

 

人により個人差があると思いますが、お湯の温度は39度~40度くらいのぬるめのお湯に10分程度つかるのが効果的とされています。

眠る前の1時間から2時間前に入浴できることが理想的です。

 

お風呂大国の日本。お肌もきれいな人が多いと思います。

10分程度の入浴で夏バテ知らずな元気な体と美肌が手に入るのなら、シャワーだけで済ませるわけにはいかないですよね。まだ暑い夏は続きます。暑い夏に負けないように

頑張りましょう。