人生試行錯誤しながら断捨離に励んでいます・・・

日焼け止めの選び方と対策。そして焼いてしまったら

お肌の大敵、紫外線。とにかく焼きたくない。焼かないことが前提。日傘必須アイテム。自転車に乗るときは帽子とサングラスとアームカバーでちょっと怪しい人に。

出来る限りは肌を日光に直接当たらないようにしています。

日焼け止めはお肌に負担がかかるので、できればあまり使いたくないのですが・・・。

でもせっかくのお出掛けの時にアームカバーはおしゃれじゃないし、少しお肌を露出したファッションをしたい日も...ありますよね。その時には日焼け止めをしっかり塗ります。私は顔には、ちふれのBBクリームに日焼け止め効果があるのでそちらを毎日使っています。今はファンデーションなどにもほとんどUVカット効果が入っているので日常生活にはそれで充分でしょう。

 

SPF

日焼けや肌に赤みを起こすUV-Bを防ぐ数値の大きさ

SPF値が高ければ高いほどUV-Bから肌を保護することが期待できる。

 

PA

肌を黒くするとされるUV-Aを防ぐ数値の大きさ

日光に当たった時に、日焼け止めを塗らない状態と比べ肌が黒くなる時間をどれだけ延ばせるかによって+の数が変わる

+が多いほどUV-Aを防ぐことが期待できる。

 

 

日常生活にはSPF10~30くらいで充分

レジャーにはSPF30~50のものを

海やスポーツの時にはウォータープルーフのものを

目的に応じて使い分けるようにしましょう。

数値が高ければ、その分肌への負担も大きくなります。高ければいいというものではありません。

 

子供や敏感肌の人には紫外線吸収剤不使用(ノンケミカル)のものを

 

そして無香料、無着色、パラベンフリーのものを選びましょう。

 

 

紫外線吸収剤(ケミカル)

紫外線を吸収し外に放出させて日焼けを防ぐ、石油由来の科学成分。

 

紫外線散乱剤(ノンケミカル)

紫外線を反射させて日焼けを防ぐ、金属由来の成分でケミカルのものよりお肌に負担がかからない

 

曇りの日でも紫外線は降りそそいでいるので油断はできません。

部屋にいても窓を通して紫外線を浴びています。

 

日焼け対策の前提には保湿が大事です。

夏でも室内の冷房などで乾燥してしまうので油断は禁物です。

保湿したうえで日焼け止めを塗りましょう。

 

日焼け止めは2、3時間おきに塗り直す。

汗をかいたら塗り直す。

 

それでももし日焼けしてしまったら、日焼けは火傷と同じ。

  • まずは肌に塗った日焼け止めはしっかり落とす。
  • 日焼けしたあとは肌を冷やす
  • 冷やした後に化粧水、乳液でしっかり保湿

 

私は天然の美容液としてアロエの果肉をお肌に塗っています。

 

体の内側からの日焼けケアを

日ごろからの日焼け対策には

  • 緑黄色野菜を食べる。特にトマトに含まれるリコピンに抗酸化作用があり、しみやそばかすの原因となるメラニン色素の生成に関与する活性酸素を除去する働きがあるので意識して食べるようにしましょう。他にはスイカにもリコピンが豊富に含まれています。

 

  • ビタミン、ミネラル類を含んだ食品を食べる。夏の時期ならキウイ、レモン、いちごやアセロラジュース。ただ、キウイやレモンの柑橘類などにはソラレンという光毒性の物質があり、それらを多く食べた後に日光に当たると逆にシミができやすくなってしまうので注意が必要です。食べるタイミングを気を付けて、夕方以降にすれば大丈夫です。

 

日焼けはしみやそばかす、しわの原因にもなります。今は大丈夫でも後々になって問題が生じてくるものです。後悔しないためにも、美肌保っていたければ自分で気を付けるしかありません。