人生試行錯誤しながら断捨離に励んでいます・・・

ストレスとうまくつき合う

ストレスのない人はいない

ストレスと言うとネガティブな言葉の部類に入りますよね。でもストレスとは「自分の心と体に受ける全ての刺激」の事なのでいいことも全てストレスという意味に含まれます。例えば、何かをする前の緊張や、明日ある恋人とデートの予定もストレスに加わります。このようなストレスは人間の活力ともなっています。

人間は適度なストレスは持っていた方がいいと言われています。ただ、悪い原因のストレスが過度になってしまうと身体や精神に影響をもたらしてきます。

 

ストレスに強い人、弱い人

同じストレスを受けても人によって受け方は違い、そのストレスが身体や精神に影響をもたらしてしまう人と全く平気な人がいます。この違いはその人の性格、考え方によって変わってきます。

ストレスに弱い人の特徴は

  • 几帳面
  • 真面目
  • 完璧主義
  • 気が弱い
など挙げられますが、真面目で気が弱い人でも自分でストレスの対処法を知っていればストレスをためずに生きていけます。

まず、ストレスに強い人はポジティブ思考の人です。ただ性格や考え方を急に変えることは難しい事です。嫌な事は忘れよう、気にしないようにしようと思ってもそう簡単に気持ちを切り替えられるものでもありません。

ストレスに強い人の特徴で、自分のリラックス方法を知っていて気持ちの切り替えが早いという事もあります。

思考を変える事が難しければ、自分のストレス解消方法をいくつか用意しておきましょう。例えば私の場合は

  • 音楽を聴く
  • ピアノを弾く
  • 散歩
  • 語学の勉強
  • 読書
  • 映画を見る
  • 岩盤浴に行く
  • ヨガをする
  • 寝る
  • アロマテラピー
  • マッサージに行く
  • 友人に会う

など、解消法は人によって違うと思うのです。自分の解消法を知っておくことをおすすめします。

リラックスと言って家でボーッとしていて悪いことを考えてしまうなら外に出て走った方がいいでしょう。その時は走ることだけに集中すること。

マインドフルネスというストレス対処法の1つとして医療、教育、ビジネスの現場で実践されている認知療法があります。

簡単に言ってしまうと「今やっていることに集中する」という事です。

以前、この「シングルタスクのすすめ」の記事も書きました。 

シングルタスクのすすめ - Dao's life

 

ストレスは生きていれば切っても切れないものです。ずっと付き合っていかなければならないものなのでストレスに負けない自分になるようにしましょう。