人生試行錯誤しながら断捨離に励んでいます・・・

今年に入って断捨離したもの+最終的に得たものは美肌だった

テレビを断捨離

今日は部屋のテレビを断捨離しました。ただ、まだ未完全の断捨離で、別の部屋へ移しただけです。

 

テレビは今年の春に部屋の掃除をしている際、間違えてアンテナの線を抜いてしまい、そのままになっていて部屋でテレビを見る習慣がなくなっていました。リビングにテレビがあるのでそちらを見ていますが、私が見ている番組は朝の連ドラとBSのワールドニュース、そして放送大学の「人格心理学」と「錯覚の科学」を録画して見ているだけです。新聞では毎日テレビ欄をチェックしているので他に気になる番組があれば、録画して見ています。先週はBSのアナザーストーリーがカーペンターズの話だったので録画して見ました。

そう、今年に入ってから断捨離したことに"テレビを見る時間" がありました。全部ではないので断捨離とは言えませんが、去年よりテレビを見る時間は大幅に減りました。

 

部屋はテレビがなくなりスッキリしました。大きなものを断捨離すると変化が目に見えて分かるので楽しいです。もっと捨てたくなる。

 

今年捨てたもの

今年は他にも大物の2人掛け用ソファーを捨てたので去年の自分の部屋からすれば空間ができ心地良いです。

 

それから本棚を2つ、寝るとき用の電気カーペット、床に敷く電気カーペット、汚れていたヨガマットも捨てました。

冬に寝るときに使っていた電気カーペットを捨てた代わりにひとつ湯タンポを購入しました。私は寒がり冷え性ですが、これで十分でした。私は毎年冬になると乾燥して、足などに粉がふいていたのですが電気カーペットをやめたおかげか、今年の冬は体の乾燥がほとんどなかったです。電気カーペットは体の水分を奪い、お肌を乾燥へと導きます。私は断捨離してしまいましたが、もし使うなら寝る前に電源を入れ、布団の中を温めておいて寝る時には電源を切ることをおすすめします。

床に敷く電気カーペットもなくても意外と大丈夫でした。すごく暖かいんですけどね。こちらも乾燥の原因になります。暖房器具はエアコンは使わず、部屋ではオイルヒーターを使っています。リビングでは石油ストーブです。

 

他に、ヒートテックをやめて綿100%の肌着に変えました。ただ、山登り用に1枚だけヒートテックの肌着は持っています。綿だと汗をかいた時にすぐに乾かないので体温を下げてしまい危険なので厳禁です。

ヒートテックも肌を乾燥させます。毎年、冬になると出てくる謎の赤い湿疹も、ヒートテックをやめてから出なくなりました。

タイツもアクリル素材ではなく綿の割合が高いものに変えました。少し値段は高くなりますが綿の方が暖かくて履き心地も良かったです。 でも綿のタイツって服装によっては可愛いですが、シックで大人っぽい恰好をしたい時にはちょっと・・・ですよね。

でもFALKE(ファルケ)というドイツのメーカーのこの黒タイツは大人っぽい服装の時でもきれいに見せてくれます。しかし、値段が。タイツに3000円って・・・。私は2足買って普段には使わず、大事なお出掛け(デートとか合コン?)の時にだけ履いていました。

これから夏がくるというのにタイツの話ですが、FALKEの黒タイツはシーズンになると売り切れていることが多いので来シーズンのために用意しておいてもいいかもしれないです。

 

 

 

 

体の乾燥は肌に直接当たっていた化学繊維が原因だったと分かりました。更に電気カーペットも使っていたので肌に悪いことばかりしていたことに気づきました。

タイツも綿の肌着も化学繊維の素材よりも値段ははりますが、乾燥してる肌に悩む時間、湿疹に悩む時間、病院代もなくなったので満足しています。保湿剤はNIVEAがひとつあれば十分です。時々、無印良品のホホバオイルでセルフマッサージをしています。

 

何かを手放して得たものは大きいです。とても価値があるものだと思います。

世の中便利なもの、たくさんありますがその中で自分に合ったものをミニマルに選んでいきたいです。